電話して相談する

水のコラム

トイレの臭いの原因は便器にある?修理・交換が必要な時の対処法を紹介

2021年06月07日  トイレのトラブル

トイレが臭う原因

・排泄物に含まれる臭い
まず一般的なトイレの臭いは排泄物に含まれる成分からできているのであり、これは大きな問題にはなりません。
尿の場合はアンモニアであり、これに関しては放置しせずに流すことで簡単に解決できるでしょう。

問題は大便であり、糞にはオナラのガスに含まれる臭いの成分があり、放置すると悪臭が漂ってしまいます。
しかしこれらはほとんどの場合一時的なものなので、排泄後に臭い消し・ウォッシュレットをかけておけば大丈夫です。
 
 
・頑固な尿石
尿をそのままに放置しておくとアンモニア臭が蔓延するだけではなく、尿に含まれるカルシウムが固形化して尿石になります。
この尿石は身体の中でも固形化すると手術が必要になる危険な物質なので、放置しておいていいものではありません。

尿石の何が厄介かというと、その形成された尿石から菌が繁殖して尿石が増大して除去するのが大変になることです。
したがって小便をしたら決して放置せずに、その場できれいさっぱり流して尿石を作らないようにしてください。
 
 
・水道管周りで発生した黒カビ
便器の中に常に水がある洋式トイレの場合、黒カビが発生することも珍しくはなく、特にタンクや便器の溝にできます。
目に見えない場所だけならばまだいいのですが、タンク内の隅っこの部分や換気扇のファンなどにも付着するのです。

黒カビの面倒なところはその物質の根元まで腐らせてしまうところにあるので、時すでに遅しということにもなりかねません。
 
 
・つまりや水漏れから発生する下水臭
そしてこれが最も厄介ですが、下水管のつまりや水漏れから発生する下水臭であり、多くの人はここに気付きません。
下水臭を放置しておくと、封水(トイレの中に溜まっている少量の水)が不足してその臭いがトイレに来る可能性があるのです。

また、下水臭を放置しておくと配管が詰まってトイレの水が流れなくなってしまうというトラブルにもつながりかねません。
老朽化が進んでいる古い様式の賃貸物件だと、特にそういうトラブルが発生することも珍しくないので確認しましょう。

トイレ掃除で注意すべきこと

・トイレ本体に目立った汚れや不具合がないか
トイレでまず確認すべきはトイレ本体周りであり、便座はもちろんタンクの中や溝まで細かくチェックしましょう。
タンクのフタを開けた時に中から臭いがすることもありますし、またレバーハンドルが正常に機能しない場合もあります。

汚れの場合は重曹や洗剤を用いれば落とせますが、交換が必要な場合は業者にお願いしてください。
とにかく勝手な自己判断で動かないことが大切です。
 
 
・排水管や通気管に目立った汚れや臭いがないか
排水管や通気管と壁の間にあるわずかな隙間にしつこい汚れがある場合、それが目立った臭いの原因になります。
こういった配管の臭いは目に見えない部分に配置されていることも多いので、なかなか目が行き届かないものです。

多くの場合は錆び取りのもので対処可能ですが、どうしても厳しい場合は買い換えるのも手ではないでしょうか。
 
 
・床排水トラップに問題がないか
トイレの床排水トラップに問題がないかもしっかり確認してください。
排水管以上にこの床排水の部分が老朽化して水漏れや異臭が発生する原因にもなりかねないのです。

防臭剤や防腐剤だけで対処できない場合は新しい部品に交換すると改善できるでしょう。
またものが詰まっている場合はスッポンなどを用いて除去することで嫌な臭いはなくなります。
 
 
・天井に目立った臭いや汚れがないか
そして天井にもまた目立った臭いや汚れの原因がないかも確認してください。
多くの場合トイレ室内換気扇に汚れや埃が溜まっていて、機能しなくなっている可能性が高いです。

そのためトイレ室内の天井にある換気扇カバーを外して、汚れや臭いの原因がないかを見てみましょう。
カバーやファンをしっかり掃除しておくと、嫌な臭いや埃が溜まることもないため定期的なチェックをおすすめします。

トイレの修理・交換を業者に頼む時のポイント

万が一うまく行かなくて、トイレの修理・交換を業者に頼む時のポイントは以下の通りです。

・その業者の実績や評判をきちんと調べる

・見積もりや出張に無駄な料金がかからず、適正な価格かどうかを検討する

・業者が見積書の内訳を明確に記載しわかりやすく説明してくれる

・地域の水道局から「指定給水装置工事事業者」の指定を受けているかどうかを調べる

これら4つのポイントに沿って、修理・交換を依頼すればトイレの臭いは解決します。

トイレのトラブルでお困りなら水道職人へご連絡を

万が一、トイレの臭いでお困りの際にはなら水道職人までお電話ください。
なら水道職人は奈良市、大和高田市、桜井市、生駒市など奈良県のさまざまなエリアで水回りのトラブルに対応している業者です。

トイレに関するトラブルだけではなく、老朽化した台所や洗面所の修理・交換作業も承ります。
その他水道全般のトラブルもお受けしていますので、ご不明な点はすべてお任せください。
なら水道職人のプロスタッフがお客様ところへ駆け付けて、水回りのトラブルを解決いたします。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315