電話して相談する

水のコラム

お風呂掃除を自力で行う方法を徹底解説!風呂場を掃除する際のコツ

2021年06月07日  お風呂のメンテナンス

お風呂掃除の前にチェックすべきこと

お風呂掃除の前にチェックすべきことはその汚れが「酸性」か「アルカリ性」かということです。
酸性の汚れは皮脂汚れによってできたカビなどが相当し、放置しておくと除去が困難になります。
逆にアルカリ性の汚れは水垢やぬめりなどであり、こちらは白く固まってしまうと頑固になるのです。

どちらの汚れかをきちんと見抜いた上で適切な洗剤を用いることで、除去が可能になります。
お風呂掃除がうまくいかないという人はどちらの汚れかをきちんと見極めていないからでしょう。

お風呂で掃除すべき3種類の汚れと対処法

・赤カビ(酸性の汚れ)
日常的にお風呂場で目にするピンク色のぬめりが「赤カビ」と呼ばれるものであり、別名「ロドトルラ」ともいいます。
こちらは浴槽用スポンジかバスブラシを使って「バスマジックリン」などの市販の洗剤で十分きれいになるのです。

放置しておくのはいけませんが、日常的にきちんと汚れを取るようにしておけば、心配する必要はありません。
汚れがどうしてもこびりついていて落ちない場合は重曹水などを用いて落とすといいでしょう。
 
 
・黒カビ(酸性の汚れ)
黒カビは赤カビと同じ「菌」による汚れであり、世間一般が想像する「カビ」というとこの黒カビでしょう。
赤カビよりも厄介な点は「根素材の奥深くにまで入り込み腐食させる」というところにあります。

そのため初期症状で放置しておくとろくなことにはならず、非常に健康に悪いので発見次第除去しましょう。
どうしても汚れがしつこい場合は塩素系の漂白剤を用いると取れますが、臭いが強烈なので換気してください。
 
 
・水垢や石鹸カス(アルカリ性の汚れ)
水垢や石鹸カスはアルカリ性の汚れであり、水道水に含まれるミネラル分だけが残って蓄積したものです。
赤カビや黒カビと逆に酸性の洗剤を用いて洗うと中和して剥離され、落としやすくなります。

クエン酸の成分を用いれば簡単に落とせるので、市販の酸性洗剤で落としてください。
もし手元になければ、レモン汁や酢でも対処可能ですが、臭いが立ち込めるので換気しましょう。

お風呂掃除で気をつけるべき4つのこと

・換気をした上で手袋とマスクをつける
特に漂白剤など強烈な効果のある洗剤を用いる場合は窓やドアを開けて十分に換気してください。
また、そういう洗剤は臭いも強烈で皮膚に着くとケガの恐れがあるためマスクと手袋も着用しましょう。

強烈な臭いによって気分が悪くなり、最悪の場合一酸化炭素中毒などを引き起こす可能性もあります。
そのようなことにならないよう、風通しを良くしてお風呂掃除を行うことが大切です。
 
 
・酸性剤を大理石やタイルに使用しない
酸性洗剤を用いる際はお風呂のバスタブや床の素材が大理石やタイルではないことを確認してください。
なぜなら酸性洗剤は大理石やタイルの素材を傷め、酷い場合剥がれてしまい修理が必要になる可能性が出てきます。

そのため酸性材を用いて掃除しなければならない場合は、床や風呂のバスタブをブルーシートなどで養生しましょう。
そうすることで素材を傷つけることなく安全なお風呂掃除ができます。
 
 
・アルカリ性洗剤は浴室のコーティングを剥がす可能性がある
アルカリ性洗剤を用いる場合も十分に養生し傷つかないようにしてから掃除を始めてください。
酸性洗剤だけではなく、アルカリ性洗剤もまたの風呂場の素材を傷つける危険性があるのです。

こちらもまたバスタブや床の素材にアルカリ性洗剤のしようが禁止されているものの有無を確認しましょう。
きちんと対策を立てておくことで、無用なトラブルを事前に回避できるのです。
 
 
・酸性とアルカリ性の洗剤は同時に用いないこと
そしてこれが最も大切なことですが、酸性洗剤とアルカリ性洗剤は決して同時に用いないでください。
すべてがそうではないのですが、洗剤によっては混ざり合うと有毒なガスを発生させることがあります。

洗剤も化学物質であることに代わりはなく、使い方を誤ると劇薬になってしまうのです。
そのため酸性洗剤を用いて掃除している間は効果が消えるまでアルカリ性洗剤を用いないようにしましょう。

お風呂のトラブルでお困りなら水道職人へご連絡を

万が一、お風呂掃除のトラブルでお困りの際にはなら水道職人までお電話ください。
なら水道職人は奈良市、大和高田市、桜井市、生駒市など奈良県のさまざまなエリアで水回りのトラブルに対応している業者です。

お風呂に関するトラブルだけではなく老朽化した台所や洗面所の修理・交換作業も承ります。
その他水道全般のトラブルもお受けしていますので、ご不明な点はすべてお任せください。
なら水道職人のプロスタッフがお客様ところへ駆け付けて、水回りのトラブルを解決いたします。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315