電話して相談する

水のコラム

給湯器で水漏れが発生する原因を徹底解説!放置しておくと危険な給湯器の対策を紹介

2021年06月07日  給湯器の水漏れ

給湯器の水漏れの原因

・配管が凍結している
特に冬場で多く見受けられるのが配管の凍結による水漏れですが、奈良県東部の大和高原エリアは新潟市や仙台市よりも寒い気温のなることがあるため専用の給湯器が使われています。

逆に奈良の市街地では冬でも比較的暖かい地域なのですが、それでもこういうことが起こるので気をつけてください。
奈良の市街地でも年に数回氷点下になることがありますが、まさにそういう時こそ配管内の水が氷結するのです。
一戸建てのみならずマンションでもこのようなことが起こり得るので注意して見ておきましょう。
 
 
・取り付け工事時の作業ミス
ガス給湯器や給水配管などは工事業者が設置するため、新人や悪質な業者の場合は作業ミスで水漏れが発生しかねません。
工事を終えた時は問題なかったように見えても、時間と共に負荷がかかりポタポタと水漏れすることがあるのです。

どの業者が設置したのかを事前に調べておいて裏を取っておくと、トラブルの時に話がしやすいでしょう。
あからさまな悪徳業者であった場合は訴訟することもできますので、データをしっかり取っておいてください。
 
 
・部品の経年劣化による水漏れ
給湯器と給水配管は基本的にパッキンと呼ばれるゴム製品を使ってつなぎ、水漏れを防いでいます。
パッキンとは建築の基礎土台にも用いられますが、10年程度で寿命が尽きて弾力が失われるのです。

給湯器が10年保証で交換するようになっているのもパッキンの寿命があるからでしょう。
1箇所でも劣化していると他の箇所も時間の問題で劣化するので給湯器事態の交換が必要になります。
 
 
・留守にしており長期間使っていなかった
旅行や出張・帰省などで長期間ガス給湯器を使用していないとガス給湯器内の圧が上がって水抜き栓から漏れる場合があります。
この場合は故障ではなくそのまま使用して入れば問題ないので、そのまま使用しても大丈夫ではないでしょうか。

万が一不安だという方は給湯器内のすべての水を抜いた上で使うと安全に使用できるので試してみてください。
水抜きの方法は取り扱い説明書にしっかり記載されていますので、手順と方法を確認の上で行うようにしましょう。

給湯器の水漏れの放置はなぜ危険?

水漏れの放置が危険な理由は一酸化炭素が発生してしまい命を失う恐れがあるからです。
一酸化炭素はガスの不完全燃焼で発生し、大体は換気を十分にしていない密室で火を使い続けると起こります。

しかしそれだけではなく、給湯器内部のバーナーが不完全燃焼を起こした場合も一酸化炭素が発生するので気をつけてください。
毒性が非常に強力であり、部屋中に蔓延するとそれだけで意識を失い、最悪の場合家事につながりかねません。

特にマンションのような集合住宅の場合、給湯器の水漏れが原因で階下を水浸しにする可能性もあるのです。
もしそのような事態が発生した場合はすぐに管理会社や家主に連絡して、給湯器をチェックしてもらいましょう。

ガス給湯器が水漏れしたときの対処法

・給湯器を一旦止めて水漏れの箇所を特定する
水漏れが発生した場合は給湯器を一旦停止させて、どこから水漏れが発生しているのかを突き止めてください。
水の色や量もしっかりチェックして、上記した原因に当てはまる場合は然るべき措置を講じましょう。

給湯器を一旦止めて水漏れの箇所を特定し、水抜き栓から水が出ている場合はお湯を出してみてください。
もしそこで何かしらの手に負えないトラブルが発生した場合は無理せず業者に依頼しましょう。
 
 
・水漏れにより使用量が高騰した場合は減免申請をする
水道代やガス代は給湯器の水漏れによって高騰する可能性が高いので、その場合は減免申請をしましょう。
特に一人暮らしの場合はメーターから内側の敷地内で水漏れを起こすと個人負担になってしまいます。

しかし、水道代は減免可能なもののガス代は減免不可能な場合が多いので注意してください。
必要な書類さえ提出すれば減免してくれるので、正式な手順を踏むことが大切です。
 
 
・保証期間に近かったら経年劣化と見て業者に依頼する
そして保証期間に近くなり水漏れが発生したら、経年劣化と見て業者に依頼してください。
給湯器は最長10年は持つように設計されていて、7・8年目からは水漏れの可能性も出ます。

きちんと修理代の価格相場を調べた上で業者に依頼すれば解決可能です。
修理代の相場は2万〜3万円程度でそれほど高くはないので、思い切って替えるべき時に替えましょう。

給湯器のトラブルでお困りなら水道職人へご連絡を

万が一、ガス給湯器のトラブルでお困りの際にはなら水道職人までお電話ください。
なら水道職人は奈良市、大和高田市、桜井市、生駒市など奈良県のさまざまなエリアで水回りのトラブルに対応している業者です。

給湯器に関するトラブルだけではなく老朽化した台所や洗面所、トイレの修理・交換作業も承ります。
その他水道全般のトラブルもお受けしていますので、ご不明な点はすべてお任せください。
なら水道職人のプロスタッフがお客様ところへ駆け付けて、水回りのトラブルを解決いたします。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315