電話して相談する

水のコラム

風呂の床下から水漏れが発生したらどうするか

2021年02月07日  お風呂のトラブル


風呂は水をたくさん使用する場所なので、その分水漏れが発生する確率も他の場所より高くなります。蛇口やシャワーから水が漏れている場合には、比較的原因の特定がしやすいのですが、風呂の床下から水が漏れている場合には、場所の特定も多少難しくなります。
 
そこで今回は、風呂の床下から水漏れが発生した場合には、どのように対処するのかを紹介していきます。

風呂の床下から水が漏れる原因

風呂の床下から水漏れが発生する原因として考えられるのは複数ありますが、1つめは浴槽のひび割れや破損です。浴槽は、時間が経過すればどんどん劣化していきます。長年使用していることで、ちょっとした衝撃で破損やひび割れが発生することがあるのです。ひび割れや破損箇所が大きければ発見しやすいですが、小さなひび割れや破損であった場合、発見が難しくなります。僅かな箇所からでも水漏れは発生するので、まずは浴槽を隅々まで確認してみましょう。
 
2つめの原因は、排水口に取り付けられているゴム栓の劣化です。ゴム栓が劣化している場合、風呂にお湯を入れていないときには何も起こりません。しかし、お湯を入れたときに徐々にお湯の量が減っていくので、比較的発見しやすいと言えるでしょう。
ゴム栓はホームセンターなどでも売られているので、サイズや形状に合った物を購入してくれば、自分でも交換することは可能です。どうしても自信がない場合には、業者にお願いすれば交換してもらえます。
 
3つめの原因は浴槽が置かれている床自体が破損している場合です。浴槽やゴム栓には全く異常が見られないのに、浴槽と床の隙間から水が流れ出してくるときは、浴槽が置かれている床の破損が考えられます。しかもどのような状態になっているか確認ができないので、自分で対処するのはほぼ不可能です。できるだけ早めに水道修理業者に依頼しましょう。
 
ただし、ひび割れや破損箇所が酷い場合や、場所によっては水道修理業者だけでは対応できない場合もあります。リフォームやガス工事などで対処が必要になることもあるかもしれません。他にも給湯器から水漏れが発生している可能性もありますし、配管の破損が原因である可能性も考えられるので、被害が広がる前に対処しなければいけません。
 

風呂の床下から水が漏れていると自分で対処するのが難しい

浴槽から水漏れが発生している場合、ゴム栓のように交換すれば修理が可能な箇所であれば、自分でも対処することができます。
 
しかし、風呂の床下から水が漏れている場合には、場所の特定も難しくなりますし、浴槽をどかす必要も出てくるので、自分で対処するのが難しくなります。逆に自分で無理やり修理しようとすると、余計に水漏れを悪化させてしまう可能性もあるので、無理にいじらずに業者に依頼をした方が無難です。
 
賃貸住宅に住んでいるのであれば、風呂の床下から水が漏れている場合は経年劣化が原因である可能性が高いでしょう。経年劣化による破損であれば、建物の管理者が費用を持ってくれることが多いので、大家や不動産屋などの管理者に連絡をします。
 
一方、自分が所有する家であれば、水道修理業者選びや修理依頼も自分で行わなければいけません。いざというときに業者選びで焦らないように、事前にどこの水道修理業者に連絡をするか決めておくと、安心です。
 

定期的に掃除をして水漏れを予防する

風呂の床下は自分で直接見ることができませんし、掃除をするのも難しいので、放置している人も多いでしょう。しかし、パイプクリーナーなどを使用すれば、風呂の床下全体を掃除することはできなくても、排水口や配管などはきれいにすることができます。掃除を定期的に行うことで、劣化するスピードを遅くすることも可能です。また、掃除をすると同時に浴槽をよく観察することで、早めにひび割れや破損箇所を見つけやすくなります。
 
ある程度のメンテナンスや掃除であれば自分でも行えますが、どうしても自分で行えない部分に関しては、プロに頼むという方法もあります。水道関連の業者であれば、水回りの掃除やメンテナンス、点検などを引き受けてくれることも多いので、長年放置しているという人は、プロにお願いしてみるのもよいでしょう。一般の人では修理が難しい風呂の床下から発生した水漏れに関しては、水道修理業者に依頼をした方が確実に直せるでしょう。
 
奈良県内であれば「なら水道職人」に依頼をすることで、いつでもすぐに駆け付けて修理を行います。奈良県内なら奈良市や生駒市、大和高田市など大きな街だけではなく、山間部のエリアであっても出張が可能です。
部品の交換も行えるので、自分で交換部品を揃える必要も一切ありません。料金も明確になっているので、水のトラブルが発生したら気軽にお問い合わせください。
気になることや不安なことなどがあれば、相談にも応じているので遠慮なくお申し付けください。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315