電話して相談する

水のコラム

洗面所の水漏れを自分で直すには?

2021年03月29日  洗面所の水漏れ

洗面所の水漏れを自分で直すには?
朝起きたら、洗面所の床が濡れていた…という経験はありませんか。
洗面台からの水漏れというと、比較的古い住宅で起こるイメージですが、実は新しい住宅でも起こっています。
もし毎日使用する洗面所から水漏れが起こったとき、自分で直せたら嬉しいですよね。

今回は、洗面所の水漏れを自分で直す方法をご紹介します。

洗面台下収納からモノを出しましょう

浴室内に洗面台があるタイプの住宅や一部のデザイナーズマンションなどを除き、ほとんどの洗面台の排水ホースは、洗面台下収納の中にあります。
そのため、水漏れが起こっている場所を探す前に、洗面台下収納に入れてある洗剤や雑巾、おもちゃなどを全て出しておきましょう。
水漏れの原因を特定するための作業スペースを確保できます。

水漏れしている場所を特定しましょう

洗面台下収納の中を見ながら、蛇口を開けて水を流してみましょう。
すぐに水漏れ箇所が突き止められない場合は、水が滴ってきそうな場所を手で触り、濡れていないかチェックします。
例えば、給水栓のつなぎ目や排水パイプのつなぎ目が水漏れしやすい場所として挙げられます。

水漏れしている場所を特定したら、作業をする前に止水栓を閉めておきましょう。
二次被害を防止することができます。
なお、ハンドルを回してすぐに止水できるタイプでない場合は、マイナスドライバーが必要です。

水漏れ箇所ごとに修理しましょう

1.蛇口本体からの水漏れ
蛇口本体から水が滴っている場合、パッキンの劣化が原因かもしれません。
単身用マンションや比較的古い住宅に多いハンドル式水栓の場合、自分で比較的簡単に分解できます。
分解してパッキンを取り出し、新しいものと交換しましょう。

新しいパッキンはホームセンターや通信販売で購入できます。
レバー式水栓の場合は少し複雑な構造をしているため、業者に相談するとよいでしょう。

2.給水管からの水漏れ
給水管から水漏れしている場合、ナットが緩んでいないか確認しましょう。
ナットを締め直すだけで水漏れが解消するケースもあります。
ナットをしっかりと締めるには、レンチが必要です(ホームセンターで購入できます)。

3.排水パイプからの水漏れ
排水パイプに髪の毛やホコリ、小さなおもちゃなどが詰まると、水漏れしてしまうことがあります。
髪の毛が詰まっている場合、液体パイプクリーナーで溶かすことで解消する場合があります。
液体パイプクリーナーはドラッグストアで購入できます。
使用する際は、手指を保護するためゴム手袋を着用しましょう。
髪の毛ではなく、おもちゃやヘアピンなど異物が詰まって水漏れしている場合、液体パイプクリーナーで溶かすことは困難です。
こうしたケースでは、業者に相談するとよいでしょう。

4.排水管からの水漏れ
床下の排水管が詰まっている場合、うまく水が流れずに水漏れしてしまうことがあります。この場合、自力で水漏れを修理することは難しいため、業者に連絡しましょう。

水漏れの応急処置をするには

洗面台からの水漏れに対する応急処置に有効なのは「テープ」です。
水漏れ箇所を乾いた布で拭き取り、ホコリなどの汚れをさっと落としてから巻きつけましょう。
テープを手で伸ばしながら巻きつけると、隙間なくピッタリ貼ることができます。
水漏れ箇所全体を隠すようにしっかりと押し付けるように巻きましょう。

水漏れに有効なテープには3種類あり、いずれもホームセンターや通信販売で入手できます。
ものによっては100円均一ショップでも購入できることがあります。

1.自己癒着テープ
自己癒着テープとは、ブチルゴムで作られた黒いテープです。
水を弾く性質を持っているため、水漏れの応急処置に適しています。
手で伸ばしてみるとゴムのような弾力があり、簡単に巻きつけられます。
100円均一ショップで売られていることもあり、比較的安価で入手可能です。

2.防水補修テープ
板金の仮止めなどにも使用されている、強力な防水テープです。
柔軟性に優れ、コーナー面にもよくなじむことが特徴です。
貼り付けた上から塗装ができるため、排水パイプがむき出しのデザイナーズ物件に住んでいる場合など、見た目を損なうことなく補修する際に適しています。
ホームセンターで、500円前後で購入可能です。

3.水道用ラップテープ
排水管の水漏れを防ぐ専用のテープです。
よく伸びる素材のため巻きつけやすく、はがしたあとが残りにくいため、水漏れの応急処置に適しています。
ホームセンターで、1,000円前後で購入可能です。

洗面台からの水漏れはプロにおまかせ

漏れ出ている水の量が多い場合、テープでの応急処置では直すことはできません。
また、応急処置のあとも水が滴ってくる場合や、水漏れの原因がわからない場合は、なるべく早く水道のプロに相談しましょう。
二次被害を防ぐことができます。

なら水道職人は、奈良市、桜井市、生駒市、大和郡山市、香芝市、天理市、大和高田市など奈良県全般で水漏れをはじめとした水トラブルに対応しています。
洗面台からの水漏れが起こった際など水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽になら水道職人までお問い合わせください。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315