電話して相談する

水のコラム

排水管の水漏れは大事になりやすい!正しい排水管掃除で予防しよう!

2020年06月05日  排水管の水漏れ


トイレは古くなってくると様々な部分から水漏れする可能性があります。中でも排水管の水漏れは家自体に被害が及んでしまうことが多く、大事になってしまいますのでしっかりと予防する必要があります。排水管の水漏れは、ひどい場合は修理に多大な費用がかかってしまうこともありますので十分注意するようにしましょう。
ここでは、正しい排水管掃除を中心にトイレの排水管の水漏れについて解説します。

排水管の水漏れは、業者に依頼するしかない場合が多い

トイレの給水管は表に出ていますので、自分での対処ができる場合も多く、業者に依頼をしてもそれほど多額の費用がかかることも少ないです。しかし、排水管は違います。
排水管は基本的に床の下に隠れているため、便器ごと外したり、床下に潜らなければ修理できないことが多いです。
そのため自身で対処することが非常に難しく、業者に依頼すると多額の費用がかかってしまいます。

また給水管と違い、綺麗な水が漏れるのではなく汚水が漏れることになりますし、床や家自体へのダメージが大きくなります。放置した結果、家の床下にある木の部分が常に濡れて腐ってしまうかもしれません。
そうならないためにも、しっかり予防をして水漏れが起こらないようにしましょう。

排水管の水漏れ原因

排水管の水漏れの原因を理解しなければ予防することができません。排水管の水漏れの原因はそのほとんどが排水管自体の破損となります。一番多い原因は排水管の老朽化でしょう。
老朽化であれば予防しようがないのではないか?と思う方もいるかもしれません。
もちろん劣化していくことは防ぎようがありませんが、できる限り排水管に負担をかけないようにして劣化を遅くすることはできるのです。また、トイレのつまりが排水管の水漏れの原因になる場合もあります。排水管を正しく掃除してつまりと水漏れ予防をしましょう。

排水管を正しく掃除して予防をしよう!

排水管に汚れが溜まるとトイレがつまりやすくなりますし、排水管が劣化しやすくなってしまいます。そのため、トイレの排水管は定期的に掃除する必要があるのです。しかし、トイレの排水管は手が届きませんので、掃除しにくい場所です。
簡単にできる排水管の掃除方法をいくつかご紹介します。

①市販の排水管洗浄専用の洗剤を使う
一番簡単な方法は、市販の薬品を購入して掃除する方法です。液体タイプと固形タイプがありますが、どちらでも問題ありません。どちらも便器に入れてからある程度放置しないといけませんので説明書をしっかりと確認してから利用するようにしましょう。

②お湯を流す
こちらも比較的簡単にできて効果があるので、おすすめの方法です。トイレットペーパーや汚れは、温度の低い水でもある程度は溶けますが、温度が高いお湯だとより溶けやすくなります。流れが悪くなった場合に試してみましょう。
ただし、熱すぎるお湯を流すのは絶対にやめてください。沸騰した熱湯を流すと排水管が痛んでしまいます。最悪ヒビが入って水漏れしてしまうこともあります。50度くらいまでであれば問題ありませんので、お風呂よりも少し熱い程度にとどめておきましょう。

③重曹を使ってみる
重曹とクエン酸を使っての自作の洗剤でも掃除することが可能です。重曹1/4カップとクエン酸1/2カップを便器に入れた後に50度程度のお湯をいれます。泡立ってきてから1時間程放置しその後トイレを流して完了です。
重曹とクエン酸さえあれば気軽にできる方法ですし、お湯を流すだけよりも効果が期待できます。

④専用のブラシを使う
洗剤や薬品などを使っても流れがよくならないということであれば、専用のブラシを使って掃除してみましょう。ホームセンターなどで排水管専用のブラシやワイヤーが購入可能です。長さが様々ありますが、長めのものを購入しておくと安心です。

⑤高圧洗浄機で掃除
最後にご紹介する掃除方法は高圧洗浄機を使っての掃除です。洗車や自宅の外壁を掃除するために高圧洗浄機を持っている方もおられると思います。しかし、高圧洗浄機での排水管掃除は専門知識がいる場合がありますので、あまりおすすめはできません。どうしてもご自身で行う場合はしっかりと下調べした上で行うようにしましょう。

つまり予防がそのまま水漏れ予防になる

排水管の掃除もそうですが、トイレつまりの予防をすることで、そのまま排水管の水漏れ予防にもなります。トイレのつまりを直す際に正しく行わないと排水管にダメージを与え、水漏れの原因となってしまうこともあります。
日々の掃除に加えて、携帯電話や鍵などの異物を落としたり流したりしてしまわないよう注意をすることも非常に大切です。

まとめ

トイレの掃除は、正しい知識が必要となります。特に排水管の水漏れは大事になってしまうことが多いので、しっかりとメンテナンスするようにしてください。
万が一トイレの排水管の水漏れが起こってしまった場合、専門の業者に依頼してください。

奈良県の水のトラブルは、なら水道職人にお任せください。奈良市、橿原市、生駒市、大和郡山市、香芝市など奈良県全域の対応が可能です。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315