電話して相談する

水のコラム

奈良で水道管の凍結を防止するために

2021年01月22日  水道管のトラブル

水道管凍結の可能性とトラブル

奈良は近畿地方でも北側に位置し、山里深い地域もあり、冬場は厳しい寒さに見舞われ、雪が降ることもあります。
寒さが厳しくなると水道管凍結のリスクが高まります。

特に氷点下4℃以下になると凍結リスクが高まるといわれますが、雪が降るのは氷点下6℃以下と言われるため、雪が降らなくても凍結の可能性はあるということです。
寒波が到来する予報や、霜注意報が出たときなどは特に注意しなくてはなりません。
水道管は日中など頻繁に使っていれば、外が寒くても直ぐに凍ることはありません。
気を付けたいのは夜間です。

夜間は冷え込みが厳しくなるうえ、キッチンや浴室、洗面所、トイレといった水回りは寝ている間はほとんど使われなくなります。
水道が使われないだけでなく、水回りの室温も下がるので水道管がいっそう冷えやすくなるのです。

夜間に水道管が凍結してしまうと、朝起きたときに蛇口をひねっても水が出なくなります。
朝は顔を洗ったり、朝食やお弁当を作ったり、歯磨きをするなど水道を使うニーズが高い時間帯です。
そのため、凍結していると困ることになります。
さらに凍結状態が激しいと水道管にヒビが入って水漏れしたり、水道管が破裂して水が噴き出すリスクもあります。

万が一、朝から大きなトラブルに見舞われれば、その対応に追われて出勤や登校どころではなくなってしまうでしょう。
朝一からの不便やトラブルを避けるためにも、水道管が凍結しないよう事前に対策をとっておくことと安心です。

アパート暮らしの方も対策を

アパートなど賃貸住宅に暮らしていると、トラブル対策は大家さんや不動産管理会社がやってくれると思い込んでいませんか。
外にある水道など共用の設備については大家さんなどが管理してくれますが、自分の住戸内のことは各自で行うことが基本です。

アパートなどの共同住宅で水漏れや水道管の破裂などが起こると、他の住戸の住人も巻き込んで迷惑をかけることになるので注意しましょう。
特にアパートの2階にお住まいの場合、2階で水道管凍結による破裂や水漏れが起これば、階下へと水が漏れるリスクがあります。

アパートの階下の住人の家財などを水浸しにしてしまい、面倒なトラブルに巻き込まれる恐れがあります。
思わぬトラブルに対処するために負担が生じないよう、未然に凍結防止策を講じておくことが大切です。

各自で行っておきたい水道管の凍結防止策

水道管の凍結防止策はさほど難しいものではなく、ちょっとした時間があれば、今すぐにでも可能です。

まずは、水道管や蛇口の保温対策からスタートしましょう。
屋外にある水栓をはじめ、キッチンや洗面所、トイレやなど水回りの水道管や、むき出しになっている水道管を保温します。

どのように保温するかというと、極めてアナログなやり方で構いません。
古くなったタオルやプチプチした梱包用の緩衝材、発泡スチロールを巻きつけたり、使い古しのニット帽子をくりぬいて筒状にしてかぶせるなど、家にあるもので直ぐにできます。

水道メーターボックスの中にも、砕いた発泡スチロールや新聞紙などを隙間に詰めて保温しましょう。
身の回りにあるもの対処できるので、費用もかかりません。

直前の対策

事前に保温対策を講じたうえで、奈良で雪の予報や、氷点下に下がるといった予報、霜注意報が出るなど冷え込みが予想されるときは、夜寝る前にも凍結防止策を行います。

まずは、水道の蛇口を開き、水を出しっぱなしにします。
といっても、ポタポタ、チョロチョロ程度でいいので、水道代が大きくかさむ心配はありません。

次にガス給湯器も凍結防止策を講じましょう。
ガス給湯器内に通っている給水管には水やお湯が残っているため、寒さで凍結してしまう恐れがあります。
追い焚きタイプなら、温度設定を最低の35度にしたうえで、追い焚きスイッチを入れっぱなしにしておきましょう。
追い焚き機能がないガス給湯器の場合、浴槽の水栓を開けた状態で、ポタポタと水の出しっぱなしを行いましょう。

なお、ガス給湯器に凍結防止装置がついている場合は、自動のコントロール機能に任せておけば大丈夫です。

もし水道管が凍結したら

対策を講じても水道管が凍結してしまった場合、朝から水が使えないと困ります。
水が出るようにするには凍結した状態を溶かす必要があります。
タオルで水道管を包んだ状態でぬるま湯を少しずつかけるか、ドライヤーの温風を当てて、徐々に溶かしてください。

早く溶かしたいからと、水道管に熱湯をかけてはいけません。
急激に温度が変化し、水道管に亀裂が入り、破裂する恐れがあります。

万が一、破裂したり、水漏れが起きた際には水道の元栓を止めたうえで、水道修理業者を手配しましょう。

水道管の凍結にお困りなら

なら水道職人は奈良市、天理市、生駒市、香芝市、橿原市、大和高田市など奈良県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
水道管の凍結をはじめ、キッチンやトイレ、浴室や洗面所の詰まりや水漏れなど水回りのトラブルでお困りの際には、なら水道職人にお気軽にご相談ください。
凍結や破裂のトラブルは問い合わせが殺到することが多いので早めにご連絡いただくことをお勧めいたします。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315