電話して相談する

水のコラム

トイレの水漏れ修理を業者に依頼した場合、どのくらいかかる?トイレの水漏れ修理にかかる費用相場まとめ

2020年06月09日  トイレのトラブル


トイレの水漏れが起こった場合、自分で解決することができる場合もありますが、人によっては作業が苦手であったり、専門知識が必要になる水漏れ原因の場合は、やはり専門家である業者に依頼をしなければなりません。業者に依頼した場合に一番気になることは費用でしょう。
ここでは、トイレの水漏れ修理にかかる費用の相場を内容別にまとめてみます。

タンク内の部品交換の相場

水漏れの原因の一つであるタンク内の部品の破損や故障の場合や、部品自体が破損してしまった場合は交換をするしかありません。部品の交換を業者に依頼した場合は、作業代、部品代に合わせて出張料が発生します。ここでは全て合計した金額で説明していきます。

①ボールタップの交換
ボールタップは、タンク内にある重要部品の一つです。多くの場合、ボールタップと浮玉はセットになっておりますので浮玉の破損の場合はボールタップごと交換することになります。
ボールタップや浮玉が破損していると水量と浮きゴムの連携が上手くできないため、水を流すことができなかったり、逆に常に水が流れているという症状が出てしまいます。
ボールタップの交換を業者に頼んだ場合の費用は、8,000円~11,000円程度でしょう。トイレの種類によって、かなり作業内容と部品代が変わってくるため、場合によっては30,000円を超えることもあるようです。

②フロートバルブの交換
フロートバルブはタンクから便器に水が出てくる穴についている弁です。これが開閉することによって、水を止めたり流したりすることができます。ゴムでできているため、古くなると劣化することが多いです。
フロートバルブに破損や不具合があると、タンク内の水が常に便器に流れてしまい、それによってタンク内の水が減るとタンク内の水位を保とうとするため、水が出しっぱなしになってしまうのです。ですからトイレで常に水の音がする場合は、フロートバルブが原因の可能性があります。フロートバルブの交換を業者に依頼した場合の相場は、8,000円~11,000円程度です。ボールタップの交換よりは、比較的安く済む場合が多いようです。

給水管からの水漏れ

給水管からの水漏れの場合、パッキンの交換のみで済むケースであれば、部品代がほとんどかからない上に簡単な作業で済みますので、10,000円以内で済むことが多いです。しかし、なかには給水管自体を交換しないといけない場合もあります。その場合は、給水管の部品代がかかりますので15,000円~20,000円ほどかかってしまう場合もあります。

便座とタンクの間にあるパッキンの交換

便座とタンクの間には、大きなパッキンが入っていることがあります。このパッキンの劣化により水漏れが起こることがあります。タンクを一度外した上での作業となりますがパッキン自体はそれほど高額なものではありません。
大体10,000円~12,000円程度が相場でしょう。

便座本体の交換が必要な場合

便座自体にひびが入っているなどの理由から、便座本体を交換しなければならないこともあります。その場合は、便座の機能などによって大幅に費用がかわります。高機能の便座の場合は300,000円ほどかかってしまう場合もありますが、安く済ませたい場合は型落ちや中古品を選ぶことによって、30,000円ほどに押さえることも可能です。
作業費というよりは、便座本体の選び方によって大きく変動します。

トイレつまりが原因の場合の水漏れ

水漏れはトイレつまりが原因で起こる場合もあります。トイレつまりが原因の場合、薬品で排泄物や薬品を溶かすだけで解消されれば10,000円程度で済む場合もありますが、スマホや子どものおもちゃなど溶かすことのできない異物が原因でのトイレつまりの場合は、高額になってしまうこともあります。そのような場合は20,000円程度みておいた方がいいでしょう。
また、つまりの解消に高圧洗浄機などの特殊作業が必要となった場合は、さらに追加料金が発生することもあります。

床下や壁の中にある水道管または排水管の修理

床下や壁の中にある水道管や排水管から水漏れがしている場合は、家の作りによって金額が変わってしまいますので、一概に相場はいえません。しかし、大規模な工事になってしまうことが多いため、費用は高額になる可能性が高いといえます。
まずは、業者に見積もりを依頼するようにしましょう。見積もり無料の業者もありますので電話で問合せるか、公式のホームページで確認してから依頼するようにしましょう。

まとめ

トイレの水漏れ修理にかかる費用は、多少の部品交換であれば、10,000円から30,000円程度で済みますが、便座本体の交換や大規模の工事になってしまった場合は、かなり高額になってしまう可能性も考えられます。また、業者や家のつくりによっても費用が変わってきます。
できるだけ故障は避けたいところですから、日々のメンテナンスや使用方法にはしっかりと気を付けるようにしましょう。
業者に依頼する際は、上記の相場をしっかりと把握し、適正で安心のできる業者に依頼をするようにして、費用をできるだけ安く済ませることをおすすめします。
奈良県でのトイレの水漏れ修理は、適正価格でしっかりとした専門家に頼めるなら水道職人がおすすめです。奈良市、橿原市、生駒市、大和郡山市、香芝市など奈良県全域で対応可能となっておりますのでぜひ一度ご相談ください。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315