電話して相談する

水のコラム

トイレが詰まったら何をするべきか

2021年02月24日  トイレのトラブル

トイレに携帯電話やスマホは持ち込まない

便座に座りながら携帯電話・スマホいじりをするのが趣味という人は多いです。
家のなかでトイレが一番落ち着くという人は少なくありません。

しかし携帯電話やスマホは非常に便器に落としやすいです。部屋のなかであれば床に落とすだけですが、トイレだと便器に落とす可能性があります。
これらは比較的大きいので、落とした瞬間にカツン、ポチャンなどの音が鳴るでしょう。そのため高確率で気づけるはずですが、稀に気づかずに流してしまう人がいます。

さらに気づきにくいのはポケットから落ちてしまった場合です。便器に大型の固形物を落とせば、大抵な流す前に発見できるはずです。

ただトイレットペーパーが乗って隠れてしまうと、そのまま流してしまう可能性が高くなります。こうしたリスクを避けるためにも、トイレに入るときは携帯電話やスマホを部屋に置いてからにしましょう。

詰まりは流さずに引き出すのが基本

流れないときは勢いよく水を流せば、スムーズに流れると思うかもしれませんが、引き出したほうが安全です。
追加で流してそのまま排水管を通過してくれれば最高ですが、うまくいく保証はありません。排水管の途中で詰まると非常に厄介ですから、流さずに引き出すようにしてください。

基本的にはゴム手袋を着用して取り出す、スッポンで吸引するなどの方法があります。
トイレ専用のパイプ洗浄剤を使用する方法もありますが、硬いものだと対処できません。ティッシュペーパーやオムツ、トイレクリーナーなどはやわらかいので、うまく溶けてくれる場合があります。
これらの方法で取り出せない場合は、水道修理業者に任せるしかありません。

排水管が狭くなる要因とは

ライターや消臭剤のキャップなどは小さいので、便器から先に流れていくことが多いです。
ただ排水管が汚れで狭くなっていると、途中で詰まる可能性があるので注意してください。
排水管は経年劣化の影響で汚れが堆積し、少しずつ狭くなっていくのです。

特に尿石は石のように硬くなるので注意しましょう。これは尿中のカルシウム分が固まったもので、通常の洗剤ではほとんど落とせません。尿石除去に特化した薬品を投入し、溶かしていくしかないのです。

尿石が溜まるとニオイの原因になるので、小用の場合も必ず水を流してください。トイレ掃除をするときは死角に尿石がついていることがあるので、目の見えないところほど入念に洗いましょう。

異音に敏感になっておく

トイレは時間をかけて詰まっていくケースがあり、この場合は異音がサインになります。水が流れるときの音が変わってきたと感じたら、何か原因があると考えてください。

たとえば排水管に異物がある場合、ゴボゴボという異音がすることがあります。排水管を異物がふさいでいても、普通にトイレを使えることは少なくありません。

ただトイレットペーパーをいつもより少し多めに流すなどすれば、一気に詰まる可能性があります。排水管がきれいな状態であれば、トイレットペーパーを少し多く流すくらいではまず大丈夫です。

便器にうっかり落としやすいもの

お掃除シートや生理用ナプキン、ハンカチなどが挙げられます。これらはトイレで使用することが多く、便器にうっかり落としてしまう人がいます。
排泄物や汚水のある便器に落とせば、当然ながら再使用をしようとは思わないでしょう。そのため引き出さずに排水レバーを引く人がいますが、詰まりの原因になるので回収してください。流せると明記されたもの以外は決して流さないのが鉄則です。

ペットシートやおしり拭きなども要注意です。
たとえばティッシュペーパーは流れそうな印象があるかもしれませんが、トイレットペーパーより間違いなく詰まりやすくなっています。ティッシュペーパーは繊維がほぐれにくい設計になっているためです。

意外と流している人が多いもの

ペットのトイレ砂は日常的に便器に捨てている方がいます。
食事の食べ残しに関しては少数派ですが、一部の人は流しています。これらはトイレに流さず、燃えるゴミとして処分するのが基本です。

嘔吐物を流すのは状況によっては仕方ありませんが、消化が進んでいない状態だとかなり詰まりやすいと考えてください。
お子さんの場合は、いたずらでプラスチック製のおもちゃを流すケースが認められています。お子さんがトイレに入ったあとに詰まるなら、異物を流しているのかもしれません。

詰まりはパイプ洗浄剤やスッポンなどで解消できますが、これらで解決できないときは無理をせずにプロを呼びましょう。便器の脱着や高圧洗浄などが必要な状態にあるなら、自身で対応できる範囲を超えてしまっています。

なら水道職人は数多くのトイレトラブルに対応してきました。
奈良市、橿原市、生駒市、大和郡山市などの奈良県全域で詰まり・水漏れを解決しています。
キッチンや浴室、洗面所の故障もOKですから、ご自身で対処しても改善しないとき、固形物を流したときなどは気軽に、なら水道職人にご相談ください。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315