電話して相談する

水のコラム

ウォシュレットから水が出ない?ウォシュレットのつまりの解消方法を解説!

2020年05月28日  トイレのトラブル


ウォシュレットのノズルから急に水が出なくなったときは、故障ではなくウォシュレットの詰まりが原因かもしれません。
故障であればメーカーや業者にお願いをして修理交換対応となりますが、その前に自分でお掃除をすることによって解決する可能性もあります。
業者に依頼して費用をかける前に、自分でできることはやってみましょう。

まず確認してほしいこと

自分で掃除する前にいくつか確認しておくべきことがあります。
まずは、電源が入っているかどうかです。コンセントが抜けている場合は、もちろんウォシュレットは動きません。コンセントが刺さっていてブレーカーなども落ちていなく、間違いなくウォシュレットに電気が来ている状況にも関わらずウォシュレットの電源が入らないということであれば、故障の可能性が高いです。ウォシュレットの詰まりが原因であれば、ウォシュレットの電源は入るはずです。電気が来ているのにも関わらず電源が入らないのであれば、業者に依頼するようにしましょう。

次のポイントは、水を出そうとしたときにウォシュレットのノズルが出てくるかどうかです。電源が入っていて正常にノズルが出てくるのであれば、故障ではなく詰まりが原因の場合が多いでしょう。
汚れが原因でノズルが出てこないという場合もありますので一概には言えませんが、故障でない場合は正常に動こうとします。何かにひっかかってノズルが出てこないのか、そもそもノズルが動こうとしないのかを見極めてください。
ノズルが出てくるかどうかを確認する際は、お掃除機能を使うと便利です。

確認したら、ノズルの掃除をしてみよう

電源が入っているのにも関わらず水が出てこない、または水の勢いが弱いということであれば、ノズルの汚れが原因である可能性があります。
汚れによってノズルが出てこないこともありますので、ノズルだけではなくノズルについているフタや入口も掃除してみてください。
ウォシュレットの掃除に関わらずトイレの掃除もですが、汚れによって洗剤や道具を変える必要があります。

比較的新しい便座やノズルの汚れであればトイレクリーナーやお掃除シートで取ることができますが、頑固な黄ばみや汚れはそれではとれません。
特にトイレには尿石がつきます。尿石は非常に硬く、お掃除シートで拭いたりブラシでこすっただけでは落とすことができません。酸性の洗剤で尿石を溶かすか、物理的に削る必要が出てきます。物理的に削る場合はセラミック製のスクレーバーなどを使って便器に傷がつかないようにしましょう。

まずは、ノズルの入口とノズルのフタは酸性洗剤を使用してこすり、取れないようであればつけ置きしてから再度ブラシでこするようにしてください。その後、ノズルの水が出てくる穴につまりがないかを確認し、ブラシで掃除するようにしましょう。ノズルに力をかけすぎると故障の原因になるため、注意して行ってください。
ノズルの汚れが原因の場合は、このようにお掃除することで解決できるかと思います。

給水ホースのつまり

ノズルの掃除をしてノズルの詰まりを解消したのにも関わらず水が出ないという場合は、給水ホース内にあるフィルターが詰まっている可能性があります。水道水のミネラルが尿にかかることで汚れが溜まって固形化し、フィルターが詰まってしまうのです。給水ホースを一度取って確認してみましょう。

給水ホースを取る際は、必ずトイレの止水栓を回して水を元から止めて行ってください。止水栓を止めないで給水ホースを取ってしまうと、水が勢いよく出てきてしまいます。
給水ホースを取ったら、お掃除可能な部分は全てお掃除して元に戻してください。元に戻すときは、必ずまっすぐについているかを確認するようにしましょう。斜めについていると水漏れの原因となってしまいます。

しっかり給水ホースがつながっていることを確認してから、止水栓を開けます。一気に開けるのではなく徐々に様子を見ながら開ければ、万が一水漏れしてしまっても被害を最小限に抑えることができます。

上記を試しても解決しない場合は、業者やメーカーに修理の依頼をしましょう

ノズルの詰まり、給水ホースの詰まりを解消しても解決しない場合は、ご自身で解決することは難しいかと思われます。下手なことをしてしまうとウォシュレットが故障してウォシュレットごと交換しなければならなくなってしまいます。そうなると費用もかかってしまいますので、無理をせず、自分でできることのみ行うのがいいでしょう。

ウォシュレットの故障であれば基本的にメーカーや電気屋さんになりますが、多くの場合は水道業者でも対応することができますので、まずは水道業者に相談してみることがいいかもしれません。

まとめ

今回は、自分でできるウォシュレットの詰まりの解消方法を解説いたしました。ウォシュレットがないと非常に困る方も多いでしょう。早急に対処するためにも、まずは一度自分でできることをやってみるといいと思います。

奈良県でトイレのトラブルがあった場合は、奈良市、橿原市、生駒市、大和郡山市など奈良全域対応可能の「なら水道職人」にお任せください24時間電話受付しています。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315