電話して相談する

水のコラム

どのような異物が便器につまることが多いのか

2021年02月07日  トイレのトラブル


便器がつまる原因はいろいろとありますが、異物がつまることで流れが悪くなることもあります。異物がつまると徐々に便器の流れが悪くなりますが、大半はまず前兆が現れます。今回は、トイレつまりでは、どのような異物が多いのかを確認するとともに、どういった前兆が現れるのかも確認していきましょう。
 

水を流したときに現れる便器がつまる前兆

トイレつまりが起きる場合、今までは普通に水が流れていたのに、急に便器がつまって流れなくなるという状態にはなりにくいです。通常は徐々に流れが悪くなり、最終的につまって流れなくなってしまいます。そのため、前兆が現れたときに対策をしておけば、自分で改善することも不可能ではありません。
 
では、便器がつまる前兆というのはどのような状態なのでしょうか。何がどこにつまっているのかによっても現れる前兆は異なりますが、1番多いのは便器に水を流すと水位が上昇し、しばらく経過すると元の水位に戻るという状態です。これは便器の排水管に異物がつまることで発生します。放置しておくといつまでも水位が下がらなくなるので、早めの対策が必要です。
 
他にもいつもより便器の水の流れが悪いと感じることもあるでしょう。このような状況になった場合には、排水管のかなり奥の方でつまりが発生している可能性が高いです。最初のころはあまり便器の水位が上昇してこないので、気がつかないことも多いですが、放置しておくとどんどん流れが悪くなるので注意しましょう。
 
便器の配管のつまりについて説明してきましたが、トイレは便器だけではなく、タンクも備え付けられています。タンクでトラブルが発生している場合には便器に流れ出てくる水の量が減るので、比較的気がつきやすいでしょう。主な理由は部品の劣化や異物の混入ですが、部品の劣化であれば新しく交換し、異物の混入であれば取り除くことで改善できるので、異常が見られたら早急に対策をしておきましょう。
 

どのような異物がつまることが多いのか

便器はそんなに頻繁につまるのかというと、決してそのようなことはありません。普通に使用していれば、トイレつまりに悩まされることはほとんどないでしょう。しかし、本来は便器に流すべきではない異物を流すことによって、普通に使用しているよりもつまる確率は高くなります。
 
トイレつまりの原因として多いのは、介護用品や生理用品などの異物です。また、小さなプラスチック製品を便器に落としてしまい、そのまま流すことでつまりが発生することも多くあります。他にもタオルなどの布製品を落としたまま流して、つまらせてしまうことがあります。これらの異物は本来便器に流してはいけない物なのですが、異物を流していなくても、便器がつまったという話を聞いたことがある人もいるでしょう。
 
実はトイレットペーパーなど、本来であれば便器に流せる物を流してつまりが発生している人もたくさんいます。便器に流せる物なのになぜ便器がつまってしまうの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、 いくらトイレットペーパーであっても、1度に大量に流せばつまってしまうことがあるからです。どうしても流す量が多くなる場合には、複数回に分けて流すのがよいでしょう。もちろんトイレに流してはいけない紙製品を流してつまらせてしまう人もいるので、トイレに流せる物以外は流さないことも大切です。
 

異物を落としたらどうするのか

異物を落としてしまった場合、そのまま流してしまうとつまりの原因になります。可能な限り取り除いた方がよいのですが、問題なのはどのように取り除くかです。自分で目視できる状態であれば、取れる可能性は高いのですぐに対処したほうがよいでしょう。
 
異物を落としたら、まず止水栓を止めます。できれば排水桝も塞ぐべきなのですが、そのためには排水桝がどこにあるのかを把握し、さらに工具類も必要になります。どうしても排水桝が見当たらないのであれば、止水栓だけでもきちんと止めてから作業をしましょう。
 
作業をするときには長いゴム手袋を着用し、慎重に異物を取り除きます。異物が見えていない場合でも、流していなければ便器の奥につまっていることもあるので、可能な限り奥に手を入れて確認します。ただし、手で押し込んでしまわないように注意が必要です。
 
手で取れない場合には、針金やハンガーなどで異物があるか確認してみる方法もありますが、針金ハンガーで取り除くのはかなり難しいので、業者にお願いした方が無難です。異物を落とした場合には、水を流すことやパイプクリーナーのような薬剤の使用は控えなければいけません。
 
最近はトイレをしながらスマートフォンをいじる人も多いので、誤って異物を落としてしまうこともあるでしょう。トイレに異物を落としてどうしても取り除けないときには、業者に依頼をして取り除いてもらいましょう。
 
生駒市や天理市、大和郡山市など、奈良県に住んでいる人であれば、なら水道職人に連絡してもらえればすぐに駆け付けます。異物を取り除くだけではなく、ありとあらゆる水のトラブルを解決できるので、気軽に申し付けてください。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315