電話して相談する

水のコラム

トイレに異物を流した場合は対処が難しくなります

2021年02月24日  トイレのトラブル

注意をしていても便器が詰まることはあります

日ごろから十分に注意していても、運が悪ければトイレは詰まります。そもそも水以外を流すという時点で、詰まるリスクをはらんでいるのです。

トイレの経年劣化も少なからず関係しており、古くなってから頻繁に詰まるようになったという家庭もあります。
今現在において詰まった経験がゼロでも、将来のことはわかりません。だからこそ詰まりが発生したときに備えて、かかりつけの水道修理業者を押さえておく必要があるのです。

業者選びでは自宅から近いことがポイントになり、これは出張時間に影響してくるからです。
水道修理業者はそれぞれ管轄エリアがあります。遠方の業者を呼ぶとなると到着に時間がかかりますし、出張料金が高くつくことも考えられます。

排水管から異物が見つかることも

トイレが詰まって水道修理業者を呼んだとき、異物が出てくるケースは少なくありません。
ペーパーをあまり流していないのに詰まりが発生し、原因となる物体が見えないときは、便器の奥や排水管まで流れている可能性があります。
異物を取り出すときは便器の脱着、ラバーカップや真空式パイプクリーナーによる吸引、排水管の掃除などが必要になるかもしれません。

異物と言われるものはさまざまですが、基本的に固形物を指しています。女性であればアクセサリー類、男性であればボールペンが多いです。
ほかにもメガネやスマホなども落としやすいアイテムです。これらはパイプクリーナーでも溶かせませんから、取り出すしか選択肢がありません。

注意したいのは詰まりの原因を特定できない場合

今日は少し排泄物が多かった、トイレットペーパーをたくさん使用してしまった、などの心当たりがある状態なら詰まりの原因特定は簡単です。
一方でなぜ詰まったのか判断が難しい場合があります。また異物を流したことに気づいた場合においても、どこまで詰まりが進行しているのか自分で判断するのは困難です。

便器の死角に存在する場合もあれば、完全に排水管まで行ってしまう場合もあります。
比較的浅いのであればラバーカップで取り出せることがありますが、2~3回挑戦して無理なら諦めましょう。ラバーカップの使い方に問題があると、排水管をもろくしてしまう可能性があるからです。
自力での対処ができない、また対処を避けるべき状況においては、水道修理業者に任せる必要があります。

タオルやハンカチはすぐに取り出してください

タオルやハンカチなどは、うっかり落としてしまっても気づくことが多いはずです。大きなものですから自然と流れていく可能性は低く、気づいた時点で取り出せば大丈夫です。

くれぐれも取り出すのが面倒だからと、そのまま流さないようにしてください。たとえ汚水と混ざってしまった状態でも、ゴム手袋を装着してから取り出しましょう。
プラスチックは溶けないけど、タオルやハンカチなら大丈夫と考えてしまう人がいますが、これらはお湯でも溶けません。

もし落とした場合は、ラバーカップを使用して挑戦するのもありですが、固形物を取り出すときと同様に無理は避けてください。詰まりが深くなるほど、自力での対処は難しくなるのです。失敗を繰り返していると、排水管を傷めることがあるので要注意です。

お子さんが詰まりを発生させることも

子どもがトイレに行くたびに詰まるという家庭もあります。
子どもは排泄物、トイレットペーパーの使用量が少ないはずですが、もし頻繁に詰まるようであれば何らかの原因があります。たとえばおもちゃを落としているケースがあり、排水管の途中に引っかかって流れなくなることがあるのです。

ペーパーを大量に流して水が溢れる経験は誰しもあるでしょうが、ペーパーをあまり流していないのに溢れるなら問題ありです。
異物は流す個数が多くなればなるほど、流れにくくなるのです。
お互いが重なり合うように排水管をふさいでしまえば、洗浄レバーを引くたびに水面が上昇するなどのトラブルが発生します。

ペット用品を流すときの注意点

ペット用品には水に流せるタイプがありますが、流す量は最小限に抑えておきましょう。ティッシュペーパーより詰まりにくいですが、トイレットペーパーよりは詰まりやすいです。
現在は流せる系のアイテムが多数登場していますが、もともとトイレはトイレットペーパーを流すことだけを想定しています。

ペットの糞に関しても、人間とは性質が異なるので流すのは禁物です。お客様の自己判断で流せると認識し、水が溢れて水道修理業者を呼ぶという事例は多いのです。ペット用品やペットの糞は、燃えるゴミとして処分するのが基本になります。

水まわりのトラブルはなら水道職人にお任せください!

なら水道職人は奈良市、橿原市、生駒市、大和郡山市などの奈良県全域でさまざまな水トラブルを解決してきました。地域の水道修理業者として活動し、常にお客様目線でのサービスを展開しています。

トイレにうっかり物を落として詰まらせた場合はもちろん、洗面所やキッチン・お風呂のトラブルに関してもご相談ください。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315