電話して相談する

水のコラム

トイレから常に水の音がする?「タンクの水漏れかも」というときの対処法

2020年06月01日  トイレのトラブル


トイレを流してもいないのに常にちょろちょろと水の音がする…なんてことはありませんか?トイレの床や便器が濡れていないと放置しがちですが、実はタンク内で水漏れしている場合があります。
ここではトイレのタンクが水漏れした場合の対処法を解説します。

トイレのタンクの構造を知ろう!

トイレのタンクの水漏れを対処するには、トイレのタンクの構造をある程度知っておく必要があります。
トイレのタンク内部にはさまざまな部品がついています。ここでは主要部品について解説します。
まず、タンク上部に手洗い管、タンク内の水量がどれくらいかを検知する浮玉、さらに浮玉と接続されているボールタップ、水量が一定量超えてしまった場合に溢れないようにするためのオーバーフロー管、便器への水の流れを開け閉めする弁である浮きゴム、水の通り道の配管などがあります。それぞれの部品に破損や不具合があるとタンクの水漏れにつながります。

まずは止水栓を閉めてみよう!

ここでいう止水栓は水の元栓ではなく、トイレのタンクに水を供給する配管についている止水栓です。
どのような作業をするにも一度水を止めなければ作業することはできません。水の圧がかかったままで作業を行うと、大きな水漏れを起こしてしまう可能性がありますので、必ず止水栓を閉めてから作業を行うようにしましょう。
止水栓の多くはタンクにつながっている配管の途中にあります。手ではなくマイナスドライバーで右側に回すことによって閉めることができます。
止水栓を閉めたのにも関わらず水の音が止まらない場合は、トイレのタンクや便座が原因ではなく、トイレつながっている水道管などが原因となります。その場合は、自身での対処は難しいので早めにプロの業者に相談しましょう。

タンク内部の部品に破損不具合がないか確認する

止水栓を閉めたら各パーツに破損や不具合がないかを確認してみましょう。浮玉がちゃんと水の上に浮いているか、各配管から水が漏れていないかなどを確認してみてください。
一度トイレを流してみると不具合がないか分かりやすいです。トイレを流すとタンク内の水がなくなりますので、必要に応じて再度溜め直してください。

タンクの水漏れの原因となる場所

タンクの水漏れの原因となる可能性が高い場所は限られています。以下を参考にチェックしてみてください。

①各配管の接続部分
各配管は全て一本となっているわけではなく、必要な箇所に接続されています。配管を接続する際には必ず間にパッキンが入っているのですが、そのパッキンが劣化したために水漏れを起こしている可能性がありますので配管の接続部分を確認してみましょう。
タンク内部もそうですが、配管は外部とつながっています。外部にある配管の接続部分もしっかりと確認するようにしてください。
パッキンが原因であることが分かったら、ホームセンターなどでパッキンを購入し交換するだけで解決できます。
配管を外す際、変な力がかかってしまうと配管や接続されているほかの部品が壊れてしまうこともありますので、しっかりと押さえた上で水道用のプライヤーで外すようにしましょう。

②手洗い管の接続部分も確認する
手洗い管につながっている配管やタンクとの接続部分に水漏れがないかを確認してください。
手洗い管の配管はボールタップと蛇腹のホースとつながっていることがあります。その場合は接続部分だけではなく、蛇腹ホースに穴が空いていないかも確認してください。蛇腹ホースに穴が空いている場合は、蛇腹ホースごと交換してしまいましょう。
蛇腹ホースもホームセンターで購入することができますし、ご自分でも比較的容易に交換することができます。

③浮きゴムの確認
トイレのレバーを操作してないのにも関わらず便器に水が流れてしまっている場合は、浮きゴムに問題がある可能性が高いです。浮きゴムが開閉することによって便座への水の流れを出したり止めたりしています。
そのため、浮きゴムとタンクの穴の間にゴミが詰まっていたり浮きゴム自体が破損していると隙間から水が漏れてしまうのでずっと水が流れたままになってしまいます。隙間が大きい場合はタンクに水が溜まらなかったり水量が減ってしまうので、トイレの流れが悪くなり、つまりの原因ともなってしまいます。
ゴミが挟まっていたのであれば取り除きましょう。浮きゴムが破損していたのであれば交換してください。
また、ボールタップや浮玉の破損、不具合などによって浮きゴムが上手く閉まらないこともありますので、そちらも確認するようにしましょう。

まとめ

水漏れが起こると、絶えず水が出続けることになり普段よりも水道代が余計にかかってしまいます。またタンク内の水漏れを放置することによって、トイレのつまりや、もっと大きな水漏れを引き起こしてしまう場合もありますので、トイレから絶えず水の音がしているのであれば、目に見える被害がないからといって放置せず、必ず確認するようにしましょう。
水のトラブルは、被害が大きくなると大変なことになってしまいます。自分で解決できることができれば一番ですが、無理をせず少しでも心配であれば専門業者に依頼するようにしてください。

奈良県のご自身で解決できない水のトラブルは、奈良市、橿原市、生駒市、大和郡山市など奈良県全域で対応可能な「なら水道職人」にぜひお任せください。専門家ならではのノウハウを生かし、トラブルを解決いたします。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315