電話して相談する

水のコラム

キッチンのシンクから水漏れ!自分で修理する方法

2021年03月29日  台所の水漏れ

キッチンのシンクから水漏れ!自分で修理する方法
キッチン(台所)のシンクから水が漏れたままにしておくと、シンク下収納にカビが生え、悪臭の原因になってしまうことがあります。
さらに、放置しておくと水漏れがひどくなり、シンク下収納だけでなく床が水浸しになってしまうかもしれません。
マンションの場合、真下の階にまで水が滴ってしまう可能性もあります。
そんなことになる前に、自分で修理できると安心ですよね。

今回は、キッチンシンクからの水漏れが起きたときに自分でできる対処法をご紹介します。

よくある水漏れ箇所と修理の方法

まずはどこから水が漏れているのか原因を突き止め、それぞれ対応を行いましょう。

1.シンク自体からの水漏れ
シンク自体が破損し、穴が空いているケースでは、シンクのみ交換することが可能です。
キッチンを丸ごと取り替えるとなるとかなり高額になることが多いのですが、シンクのみ交換であれば比較的安価で済みます。
ただし、海外輸入品のキッチンやオーダーメイドキッチンの場合、シンクのみ交換に対応していない場合もあります。
シンクのみ交換できるかどうか、一度プロの業者に問い合わせてみるとよいでしょう。

2.排水管と排水パイプのナットからの水漏れ
シンク下収納に掃除道具や食料品、鍋などたくさんのモノを入れている場合、取り出す際などにナットに触れてしまい、緩んでしまう可能性があります。
この場合、ナットをしっかりと締めなおすことで水漏れが解消するかもしれません。

3.排水トラップからの水漏れ
排水トラップは、シンク側とシンク下収納側で挟むようにして取り付けられています。
水漏れは、この取り付け箇所から発生することが多く、主な原因は経年劣化です。
ゴムパッキンが劣化している場合は、ゴムパッキンのみの交換で済みますが、全体的に劣化が見られる場合には、排水トラップごと交換してしまいましょう。
排水トラップは、ホームセンターで購入できます。
いくつかのサイズが用意されているので、事前にサイズを測ってからお店に向いましょう。

交換するには、まず排水トラップの下にあるナットを緩め、本体を押さえながら上にあるナットも緩めます。
両方のナットを緩めたら、トラップをシンク上に引き抜きます。
新しいものを取り付けるときは、シンク上から挿入し、上のナットを締めてから、下のナットを締めましょう。

ゴムパッキンの交換をする場合も基本的な手順は同じです。
排水トラップを取り出してゴムパッキンを交換し、元の位置に戻してナットをしっかりと締めましょう。

4.排水管の詰まりが原因の水漏れ
生ごみなどの詰まりで水が流れにくくなったことによる水漏れの場合、液体パイプクリーナーを使用して詰まりを解消しましょう。
液体をかけてしばらく放置してから流すだけで完了するため、簡単に詰まりを取り除けます。
液体パイプクリーナーは、スーパーマーケットやドラッグストアで入手できます。
タンパク質を溶かす性質があるため、使用する際はゴム手袋を着用しましょう。

また、詰まりを予防するためには、生ごみを排水口に流さないよう普段から心がけることが大切です。
キッチンには三角コーナーを準備し、生ごみが流れないようネットを使用することをおすすめします。

応急処置の方法

シンク自体が破損している場合、シンクの交換やキッチンの交換を業者にお願いするまでに少し時間が掛かる場合があります。
この場合、自分で水漏れの応急処置をするとよいでしょう。
応急処置には、「エポキシパテ」と「防水補修テープ」が必要です。
これらはホームセンターまたは通信販売で購入できます。
エポキシパテには数種類ありますが、「水中用」または「水回り用」などの表記があるものを選びましょう。
水中や湿潤面でも硬化するため、シンクの応急処置に適しています。
およそ6時間で硬化したあとは、塗装も可能で美観を損ないません。

シンクの穴を埋める際は、裏側(シンク下側)からパテを使用します。
裏側からパテでしっかりと穴を埋めたあと、防水補修テープを貼り付けましょう。
貼り付けの際は、隙間ができることを防ぐため、テープを両手で引っ張りながらシワにならないよう押し付けるようにします。

シンクに穴があるか目視ではわからないときは、シンクのへこみ部分やキズ部分に懐中電灯などのライトをあて、裏側から確認しましょう。
光が漏れ出ている場合、その部分に穴があることがわかります。
穴の位置が確認できたら、エポキシパテと防水補修テープで応急処置を行いましょう。

キッチンシンクからの水漏れはプロにおまかせ

キッチンのシンクから水が漏れると、毎日の料理に影響が出るだけでなく、カビや悪臭の原因にもなります。
床の破損や真下の階への水漏れなど二次被害を防ぐためにも、水漏れを発見したらなるべく早くプロの業者に相談しましょう。

奈良市、橿原市、生駒市、大和郡山市、香芝市、天理市、大和高田市など奈良県全般に対応しているなら水道職人は、水回りのさまざまなトラブルを解消してきた実績があります。
キッチンシンクからの水漏れや水道の詰まりでお困りの際は、一度なら水道職人にご相談ください。

なら水道職人 0120-492-315

なら水道職人 0120-492-315